ハイトーン治療器ハイチャージNEO – 神戸 三宮 長田 頭痛 肩こり 腰痛|身体にやさしい整体ならあらい鍼灸整骨院
z

ハイトーン治療器ハイチャージNEO

Home / 医療機器のご紹介 / ハイトーン治療器ハイチャージNEO

ハイトーン治療器「ハイチャージNEO」とは?

あらい鍼灸整骨院では兵庫県下の医療機関でも数台しか取り扱っていない『ハイトーン治療器・ハイチャージNEO』という、最新の電気治療器を導入し整体治療や鍼治療と合わせて使用しております。

医療の先進国ドイツで開発されたハイチャージNEOは、「痛みの早期回復」と「全身の活性化」に効果があり、身体の痛みや不調の治療やスポーツでの怪我の早期回復、スポーツ前後のコンディショニング、日々の疲れの解消など幅広く治療を行うことができます。

ハイチャージNEO

ハイトーン治療器とは?

電流の強さと周波数を同時に変調させることで神経や筋肉の刺激のみならず全身の細胞(ミトコンドリア)に働きかけ活性化させることを可能とした画期的な技術を有した医療器です。

従来の電気治療器は周波数(例えば1500ヘルツ)が一定で電流の強さを変えることで筋肉を収縮させ刺激しますが、ハイチャージNEOは周波数と振幅を同時に変える(4000ヘルツ~35000ヘルツ)ことができるので、従来の電気治療器による身体にビリビリしたような痛みを感じる事なく、細胞レベルで筋肉や神経に刺激を与えることが可能となっています。
細胞活性化

簡単に言うと一般的に整形外科や整骨院で使っている低周波治療器(約1500ヘルツ)は周波数が低い(電流の波形が大きい)ので電気を流せば皮膚抵抗が強くビリビリ感じます。

ハイチャージNEOは、低周波より何十倍ものパワー(4000ヘルツから350000ヘルツ)で電気を全身に流すにも関わらず、周波数が非常に高い(電流の波形が極めて細かい)ため皮膚抵抗がほとんどなくビリビリした感覚はありません。ですので、リラックスした状態で身体の中の細胞レベルで全身を細かく震わせ、ミトコンドリアを増やすことができます。
ミトコンドリア

病院や整骨院で使っている電気治療器はビリビリして痛くて苦手…どうしても力が入ってしまう…と言う方にも安心して受けてもらうことができます。